FC2ブログ

愛知県の昆虫ショップ クワガタ・カブト生体、標本、飼育用品の店舗販売&オンラインショップ    「くわかぶプラネット」ブリード担当者のブリード日記。 時々雑談。

疑死行動にご注意を!!

こんにちは。くわプラ「ガッキー」です!

長年、虫と触れ合っていると不思議な事や自然のたくましさに驚かされる事が沢山あります。そんな経験からの話です。以前にクワガタの不思議な行動が確認されたので書き込んでおきます。

沢山の昆虫・甲虫たちやクワガタ虫などは5~10cm位の高さから落ちると本能的な行動として疑死行動(死んだふり)をします。自然界では木などから落ちた場合はこの行動をすると他の昆虫や動物に捕食される確率が低くなり、生存率が高くなります。
元気な成虫ほどこの行動をするので古い成虫と見分ける1つの手段となります。(行動をしない成虫でも新しく元気な場合ももちろんあります)

ここからが本題!下の写真をご覧下さい。


CIMG0804.jpg

CIMG0808.jpg


まずは上段の写真から。先日お亡くなりになったタランドゥスです。足が中途半端に開き触ってもピクリとも動きません・・・。
下段の写真は疑死行動中の元気なオオクワガタ。なるべく身を小さくしています。触覚等触ると生体反応をします。

問題は上段の写真。

以前ニジイロクワガタのメスを10頭仕入れた時に、穴の開いていないプリンカップで届き、元気なのを確認してそのまま23度のブリードルームへ。
翌日見てみると上段の写真の様に完全死亡の状態が3頭・・・。
仕方が無いので標本用にと外にまとめて3頭共ならべておきました。

そして他の仕事を4時間ほど行いブリードルームに戻ってみると3頭共机の上からいなくなっていました!!

まさかと思い大捜索の末、3頭共見つけ出す事ができましたが、なんと3頭共元気な状態に戻っていたのです!!
(何らかの支障があるといけないのでもちろん商品にはしてません。「やっさん」にブリード練習用にあげました。)
うちではその現象の事をフェニックス一輝と呼ばれています(笑)


その事件から1ヵ月後の仕入れ。今度はホペイオオクワガタ10ペア、ヒペリオン3ペア。
前回と同様、元気なのを確認しブリードルームに保管。翌日ホペイのメスだけ3頭とヒペリオン1ペアが完全死亡状態に・・・
フェニックス事件と類似していた為、風通しが良い場所でケースに入れ保管。じっと観察する事に・・・・

するとやはり30分後くらいから爪の先が動き始め徐々に全身が動くように!!またもやフェニックス!!
(もちろん商品にせず「やっさん」にあげました)

しかし、ふと考え喜び半分で怖くなりました。

それは、もし家庭でまだ虫の事に詳しくない方が(詳しくても騙されます)フェニックス状態の虫を死亡したと思い、例えば庭にお墓を作ってあげたとしたら・・・・

そうです!今問題になっている外来種の放虫になってしまうのです!!絶対に避けなくてはいけない問題です。

考えられる事として、昆虫は何らかの形で自分の呼吸ができなくなったり酸素が不足すると必要最低限の体の機能以外は一時的に停止する事ができるのではないでしょうか。(長時間では完全に死亡してしまう)

予防策はこちら

1.必ず容器は通気性を良くする。(最近のゼリーは高蛋白、乳製品が含まれることも多く温度変化で醗酵しやすい)

2.死亡を確認しても最低1日は風通しの良い場所で保管をする事。



長くなりましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。
プロフィール

ガッキー

Author:ガッキー
-愛知県の昆虫ショップ-
クワガタカブトムシ生体・標本、飼育用品販売の専門店
『くわかぶプラネット』のブリード責任者


くわかぶプラネット
〒472-0055
愛知県知立市鳥居3-2-7
TEL:0566-91-4482
FAX:0566-91-4483
営業時間
AM11:00~PM10:00


入荷情報や割出情報のくわプラツイッターはこちら。
くわプラツイッター

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター
リンク
検索フォーム
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる